江戸味噌 500g

¥2,160 税込
商品コード: 310387
関連カテゴリ
数量
重さ: 520.00
カートに追加しました。
カートへ進む
種類  :米みそ(甘口みそ)
麹歩合 :11歩
塩分  :9%
熟成期間:2週間
大豆処理:蒸熟(蒸し)
大豆  :国産 エンレイ

Type: Miso fermented with malted rice (Fresh/Sweet)
Soybean to Koji Ratio: 10:11 bu*
*When using 10 kg of soybeans, 11kg of koji is used.
Salt content: 9%
Fermentation period: 2 weeks
Soybeans processing: Steamed and aged.
Soybeans used: Japan

江戸っ子の好みと、江戸の都市事情が生んだ江戸発祥の「江戸の味噌」

戦前まで東京の中心的な味噌でしたが、米麹を通常の倍量使う贅沢品として戦時下に製造禁止となり、以来存在すら忘れられてしまいました。大正・昭和初期の文献をもとに73年ぶりに復刻しました。蒸し大豆を使用し、米麹は大豆と同量、江戸味噌独自の仕込方法で、2週間程度で素早く熟成。ほど良い塩加減と甘さ、味噌臭さのない、フレッシュな味わいが特徴。ジャンルを選ばず様々な料理にマッチする味噌です。 みそ汁や鍋、様々な料理の隠し味にもお使いください。

“Miso from Edo”

“Miso from Edo”, originates in Edo (current Tokyo), came into existence to suit the palate of Edo people while being influenced by Edo’s urban setting. Prior to the war, Edo Miso was the leading miso in Tokyo, however, due to the generous amount of rice koji (malt) used, double the usual amount, Edo Miso production was banned during the war as it was branded as a luxury item. Edo Miso’s existence has been all but forgotten since then. Based on the documentation from the Taisho and the early Showa period, Edo Miso was brought back to life again after 70 years of absence. Equal amount of steamed soybeans and koji are used to produce Edo Miso through an authentic Edo Miso production method. Edo Miso is fermented for just short period of two weeks. Moderate saltiness and sweetness, subdued miso smell, and the refreshing taste are the characteristics of Edo Miso. Edo Miso is a perfect match to any genres of cuisines.

詳細

原材料 :米麹、大豆、食塩
内容量 :500g
日持ち :製造日より90日間
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
     ※保存中に熟成が進み、色や風味が変化することがあります。
      冷凍庫で保存すると、この変化を抑えることができます。
配送方法:冷蔵(クール便)
     ※12~2月【冬期シーズン】のみ通常宅急便(常温)でのお届け可能です。
      買い物かごに商品を入れて注文を進めて頂き、「ご注文手続き」の「配送方法」にて「クロネコヤマト(通常便)」を
      選択された場合のみ、配送料金からクール代金220円(税込)をお引きした料金になります。