江戸甘味噌 300g

¥1,296 税込
商品コード: 310382
関連カテゴリ
数量
重さ: 314.00
カートに追加しました。
カートへ進む
種類  :米みそ(甘みそ)
麹歩合 :20歩
塩分  :5%
熟成期間:2週間
大豆処理:蒸熟(蒸し)
大豆  :国産 エンレイ

Type: Miso fermented with malted rice(Fresh/Very sweet)
Soybean to Koji Ratio: 20 bu*
*When using 10 kg of soybeans, 20kg of koji is used.
Salt content: 5%
Fermentation Period: 2 weeks
Soybeans processing: Steamed and aged.
Soybeans used: Japan

米麹が20歩と江戸味噌の約2倍、食塩は約半分の5%

こってりした甘さが特徴の料理向きの味噌で、江戸味噌の中でも甘味噌に相当します。江戸味噌同様、戦時に製造禁止となるも戦後復刻され、江戸・東京の中心的な味噌であるとされてきましたが、実際は江戸の某老舗味噌屋秘伝の名物味噌で、同店を離れた職人達によって大正期以降に東京中に広まりました。当味噌は、過去16回の受賞履歴を持つ鑑評会仕様の当社特製江戸甘味噌です。

Edo Sweet Miso(Edo Amamiso)

Edo Sweet Miso uses twice as much rice koji than Edo Miso, but contains salt content of 5%, which is half of that of Edo Miso. Its rich sweetness makes Edo Sweet Miso suitable for cooking other than miso soup, and it is categorized as sweet miso among Edo Miso varieties. Edo Sweet Miso production was also banned during the war as it was considered a luxury item, and brought back to life during the post-war period same as Edo Miso. Since then, Edo Sweet Miso was also considered a major Miso in Edo, current Tokyo. Edo Sweet Miso was originally made by a longstanding Miso establishment in Edo and was cherished as their noted product. After Miso craftsmen left the establishment, they started to produce Edo Sweet Miso on their own and was later spread throughout Tokyo after the Taisho period. This Edo Sweet Miso has earned 16 awards in the past.

詳細

原材料 :米麹、大豆、食塩
内容量 :300g
日持ち :製造日より90日間
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
     ※保存中に熟成が進み、色や風味が変化することがあります。
      冷凍庫で保存すると、この変化を抑えることができます。
配送方法:冷蔵(クール便)
     ※12~2月【冬期シーズン】のみ通常宅急便(常温)でのお届け可能です。
      買い物かごに商品を入れて注文を進めて頂き、「ご注文手続き」の「配送方法」にて「クロネコヤマト(通常便)」を
      選択された場合のみ、配送料金からクール代金220円(税込)をお引きした料金になります。